福岡県で障がい者福祉増進を目指すコスモキャンパス。作業支援および日常生活自立支援に関する事業を展開。

コスモキャンパスについて

安本療法コスモ訓練について

故・安本和行先生 宮﨑 和起

コスモキャンパス理事長「宮﨑 和起」の恩師である「故・安本和行」先生が、50年にわたる臨床経験の中から築き上げてきた、現場主義に基づく心理理論の集大成。

からだの中に蓄積された「慢性的緊張」があり、それを「あやし」のリズムを受けながら、意識しながら自分自身が取り除いたり、それによってもたらされた心とからだの歪みを矯正することによって心身の安定をはかり、自己コントロールしていくものです。

安本理論の中核は、いかにして情緒を安定させるかにあります

「強迫的」、「神経症(質)」、「対人恐怖」、「うつ」、「無気力」、「心身症」など多く見られる心の病は対人的な関わりや状況によって影響され続けています。心の発達には養育してくれる人々との暖かい人間関係が必須であり、それらが得られない時に心はしばしば病的に歪んでいきます。この意味で人間関係(特に母子関係)の在り方は心の発達を保証するし、心の病も準備します。心に病をもつ人達は共通して「過剰過敏」、「極度緊張」と「過剰抑制」があり、多く本人には身体的緊張の自覚がなしに疲労感だけを訴えてきます。

そんな人達に自律訓練、リラクセーションは非常に効果的ではあるが、慢性的な緊張や疲労感が蓄積している時には、自律訓練をやってもイライラしたり、効果がその場限りとなってしまうことが多いのです。特に障がい児(者)は不安感が強く、「落ち着きがない」、「わがまま」、「待てない」、「すぐカーッとなる」等の症状が顕著に現れ、不自然な動作パターンがあります。両者に共通する不自然な動作の不安感は、心の土台となるべき愛情のぐらつきにより起こります。不幸にも愛情をどう与えていいのかわからない母親のもとで育ったり、様々な状況下で愛情をもらい損なった人達は、心の安定を失っていきます。

いかにして土台を安定させるか、生物に必要な愛情を与えられるか、そこに焦点を鋭く当てたのが、安本療法の情緒安定訓練です。安本先生は「母」、「家族」、「環境」から与えられる「音」、「言葉」、「リズム」、そして何よりも「皮膚接触(刺激)」を、愛情(快信号)として自然に受け入れた時に初めて、人間の情緒は安定し自立へ向かうと考えました。

愛情(快信号)を自然に肌で受け取れる自己があって、はじめて身体も心もリラックスし、あらゆる物を吸収し人間、生物が本来持っている「自己成長機能」が発現され社会環境に適応していくのです。

子どもとの関わり方がわからなく育てられた大人たち自身も、発達段階の快信号(愛)の空洞化をあやし、癒され、自立、適応し、自然に関わり合え、生活を「楽しく」営むことができるようにと生まれたのが、安本療法コスモ訓練です。

一般訓練日[毎月第3週、または第4週の日曜日 午前9:00より(要予約)]

イメージ

次回の日程などは、『お知らせ・セミナー情報』ページおをご覧ください。

[場所]
コスモキャンパス
[お問い合せ]
092-940-1070(担当:本山)

尚、個別訓練も行っています(完全予約制、秘密厳守)
上記の問い合わせ先まで、お気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ